Hiroshima Peace Memorial Museum

広島平和記念資料館

I have visited to Hiroshima Peace Memorial Museum this morning. Notably, its description of the Nuclear Bomb experiences were characterized by many color terms.

Such as, blackish red-orange, grey, black rain or purple spots. Nonetheless our memories of visual information tend to be composed of color, each color represented pain.

今朝、広島平和記念資料館に行きました。原爆の体験描写に、多くの色彩語が使われているのが印象に残りました。

黒みがかった朱色、灰色、黒い雨、紫色の斑点など。私たちの情報記憶は色で作られる部分が多いのだけれど、いずれも痛ましさの象徴でした。

Replaying Japan 2019

On 9 August, I have done oral presentation at Replaying Japan 2019 held by Ritsumeikan Center for Game Studies in Kyoto. The presentation title was ‘A Study of Card Game to Increase the Vocabulary of Japanese Traditional Color’ (sponsored by the grant of HAYAO NAKAYAMA Foundation for Science & Technology and Culture)

京都・立命館大学ゲーム研究センター主催のReplaying Japan 2019で8月9日に発表しました。発表題目は、「日本の伝統的色彩語彙を増やすカードゲームの研究」(中山隼雄科学技術文化財団助成研究)

Arts and Tech at Shibaura Senior High School

芝浦工業大学附属高等学校でのアーツアンドテック

On 31 May, I went to Shibaura Senior High School in Shin-Toyosu to give a visiting lecture called Arts and Tech. My topic was ‘Primary Color Theory — Visual Illusion, Op Art and Digital Art’.

5月31日、新豊洲にある芝浦工業大学附属高等学校で、アーツアンドテックと呼ぶ出張授業をしました。話題は「色彩論事始:視覚イリュージョン、オプアートとデジタルアート」でした。

2nd International Conference: Digital Culture & AudioVisual Challenges

第2回国際会議「デジタルカルチャー&オーディオヴィジュアルチャレンジ」

On 10-11 May, I have attended 2nd International Conference: Digital Culture & AudioVisual Challenges, Interdisciplinary Creativity in Arts and Technology at Ionian University, Corfu, Greece.

I gave an oral presentation on the First Color Digital Art x Lighting Symposium and Workshop held at SIT in March.

5月10-11日、ギリシャのコルフ島イオニアン大学で開催されたデジタルカルチャー&オーディオヴィジュアルチャレンジという国際会議に参加しました。

芝浦工業大学で、3月開催した第1回カラーデジタルアートx照明シンポジウム・ワークショップの検討を口頭発表しました。

https://avarts.ionio.gr/dcac/2019/

Oral Presentation

This book used to be worth approximately 70,000 yen in 1954!

この本、昭和29年には7万円相当!

I just bought a used color chart: Color Dictionary, which indicates the price: 3,500 yen. The average starting salary in 1954 was around 10,000 yen. Thus 20 x 3,500 yen turns to be 70,000 yen. Still color charts are costly in nowadays.

今日、届いた昭和29年発行の「色名大辞典」は当時3,500円。昭和29年の初任給が1万円くらいだったらしいので、3,500円の約20倍として、7万円くらいに相当。今もカラーチャート高いけどね。