The bulletin issued: Color and Communication Design 2020

紀要刊行 Color and Communication Design 2020

The bulletin of the lab: Color and Communication Design 2020 just issued. This is the special edition as the proceedings of the first Color Digital Art x Lighting Symposium and Workshop. ISSN: 2435-3906

研究室紀要のColor and Communication Design 2020(ISSN: 2435-3906)、刊行しました。第1回カラーデジタルアートx照明シンポジウム・ワークショップ報告書号です。

The Second Digital Art x Lighting International Symposium: Illuminate

第2回デジタルアートx照明 国際シンポジウム・ワークショップ–イルミネート

16-19 November 2019, the Second Digital Art x Lighting Symposium and Workshop was held by Assumption University. Assumption University, Thailand: Shibaura Institute of Technology, Japan: and Hong Bang International University, Vietnam jointly created digital art themed: Illuminate in the ex-theatre called Lido Connect in Siam Square, central Bangkok. The students represented 10 different countries.

2019年11月16日〜19日、第2回デジタルアートx照明シンポジウム・ワークショップをアサンプション大学主催で開催しました。バンコク中心街サーヤムスクエアのリドコネクトという元劇場で、「イルミネート」というテーマで、タイのアサンプション大学、日本の芝浦工業大学、ベトナムのホンバン国際大学が共同でデジタルアートを作りました。10か国からの参加者がありました。

The Lab members

研究室仮配属メンバー

The lab members are tentatively assigned. Welcome to the Color and Communication Design Lab.

Tomoaki Sakai, Fumiya Shimizu, Takahiro Seki, Ryo Tomiura, Kento Nakanishi, Asahi Niikura, Shota Matsuyama, Shota Mogami, Sayaka Morita and Ryunosuke Yasuno

先月末に日髙研仮配属メンバー決まりました。色彩・コミュニケーションデザイン研へようこそ。

酒井智皓、清水郁弥、関天嘉、富浦凌、中西健斗、新倉旭、松山聖太、最上翔太、森田彩、安野龍之介

Hiroshima Peace Memorial Museum

広島平和記念資料館

I have visited to Hiroshima Peace Memorial Museum this morning. Notably, its description of the Nuclear Bomb experiences were characterized by many color terms.

Such as, blackish red-orange, grey, black rain or purple spots. Nonetheless our memories of visual information tend to be composed of color, each color represented pain.

今朝、広島平和記念資料館に行きました。原爆の体験描写に、多くの色彩語が使われているのが印象に残りました。

黒みがかった朱色、灰色、黒い雨、紫色の斑点など。私たちの情報記憶は色で作られる部分が多いのだけれど、いずれも痛ましさの象徴でした。

Replaying Japan 2019

On 9 August, I have done oral presentation at Replaying Japan 2019 held by Ritsumeikan Center for Game Studies in Kyoto. The presentation title was ‘A Study of Card Game to Increase the Vocabulary of Japanese Traditional Color’ (sponsored by the grant of HAYAO NAKAYAMA Foundation for Science & Technology and Culture)

京都・立命館大学ゲーム研究センター主催のReplaying Japan 2019で8月9日に発表しました。発表題目は、「日本の伝統的色彩語彙を増やすカードゲームの研究」(中山隼雄科学技術文化財団助成研究)