Color and Communication Design Laboratory

Some of important research focuses of this Laboratory are use of color charts in industry, color schemes, game, social design, advertising and lighting effects.

Faculty: Kyoko Hidaka, Ph.D., Associate Professor

Biography: researchmap

Lab Research Journal ‘Color and Communication Design’: J-STAGE

Address:Shibaura Institute of Technology,

Room 402-1, 3-9-14 Shibaura, Minato-ku, Tokyo 108-8548 Japan

khidaka(at)shibaura-it.ac.jp

Research Projects in Progress:

[KDDI Foundation: Grants for Social Contribution and Cultural Activities/Investigator] Color Digital Art x Lighting Symposium and Workshop

[2022 Undergraduate Thesis Projects]

  • Revitalizing Live Game Streaming: The Case of Apex (Ryota Ehara)
  • A Learning Service for Everyday English Conversation (Yohsuke Takizawa)
  • Phantasmagoria in the 21st century: Color compensation and the uncanny valley in space-projected human figures (Syunsuke Tsuzuku)
  • Anatomy of a chocolate package design (Taisuke Ogawara)
  • Immersion of images by color of lighting (Genryu Shimizu)
  • Design Support for Alphabetic Fonts (Kazuho Takei)
  • Image Judgment by Fuzzy Reasoning of Color Scheme and Image Correction by Genetic Algorithm (Yuta Kouchi)
  • Re-examination of the characteristics of acid graphics: lettering and layout (Soichiro Takebayashi)
  • Can Twitter contribute to “making exercise a habit” for those who do not have exercise habits? (Masatoshi Sasaki)
  • Searching for unknown pigments (Kana Tamaki)
  • Research on an automatic subhuman character generation tool (Yukiya Tottori)

[2021 Undergraduate Thesis Projects]

  • A system of online conversation and privacy protection
  • Visualising learning in engineering education: improving the design of SIT grade reports
  • Communication in design exercises by remote learning
  • imgcolor: a web service for color scheme recommendations using the Color Image Scale 
  • Investigation of the spoiler threshold for video preview clips
  • What are the colors of the content that express a sense of the future?
  • Color and sound associations: an international survey for the improvement of the app ‘mupic’
  • The color term description for #TheDress-like images on the web
  • YouTube analytics of game play streaming and willingness to watch by thumbnail: The case of Splatoon 2
  • A proposal of “Tutors View”: a remote communication system for tutoring schools

色彩・コミュニケーションデザイン研究室

カラーチャート、色彩計画、コミュニケーションデザイン、ソーシャルデザイン、ゲーム、照明効果が主な研究内容の研究室です。

担当教員: 日髙 杏子 [博士(美術)] 准教授

経歴: researchmap

研究紀要「色彩・コミュニケーションデザイン」: J-STAGE

所在地:108-8548 東京都港区芝浦3-9-14 芝浦工業大学, 402-1研究室
khidaka(at)shibaura-it.ac.jp
実施中の研究プロジェクト

【公益財団法人KDDI財団: 社会的・文化的諸活動助成】カラーデジタルアートx照明 国際シンポジウム・ワークショップ

【卒研生の主な就職・内定先】

電通クリエーティブクロス、日立インフォメーションエンジニアリング、日立システムズ、株式会社スプリックス、株式会社三栄建築設計、日研トータルソーシング株式会社、ドコモカスタマーサービス、凸版印刷、パナソニックシステムソリューションズジャパン、(株)Coly、(株)ヤオコー、SUS、テクバン株式会社、株式会社アピリッツ、株式会社ビットなど

【2022卒 ゼミ所属生研究テーマ
  • ゲームライブ実況配信の活性化:Apexの場合(江原 遼太)
  • 日常英会話の学習サービス(滝沢 耀介)
  • 21世紀のファンタスマゴリア:空間投影人物像における色補償と不気味の谷(都竹 隼輔)
  • チョコレートのパッケージデザイン解剖(小河原 泰介)
  • 照明の色彩による映像の没入感(清水 元隆)
  • アルファベットフォントのデザイン支援(武井 一帆)
  • 配色のファジー推論によるイメージ判定と遺伝的アルゴリズムによるイメージ修正(幸地 結大)
  • Acid graphicsの特徴についての再検証―レタリングとレイアウト―(竹林 蒼一郎)
  • 運動習慣のない者の“運動の習慣化”にTwitterの発信が貢献するか(佐々木 将利)
  • 未知なる顔料への探索(玉木 伽奈)
  • 亜人キャラクター自動生成ツールの研究(鳥取 幸矢)
【2021卒 ゼミ所属生研究テーマ】
  • オンライン会話とプライバシー保護のシステム提案(酒井 智皓)
  • 工学教育における修学の可視化:成績通知書のデザイン改善(清水 郁弥)
  • 遠隔授業によるデザイン演習におけるコミュニケーション(関 天嘉)
  • imgcolor:カラーイメージスケールを応用した配色提案Webサービス(富浦 凌)
  • 動画予告クリップにおけるネタバレ度閾値調査(中西 健斗)
  • 未来感を表現するコンテンツの色彩とは何か(新倉 旭)
  • 色彩と音の連想:アプリmupic改善のための国際調査(松山 聖太)
  • #The Dress状のWeb上画像に対する色彩語表現(最上 翔太)
  • ゲーム実況動画サムネイル別によるアクセス解析と視聴意欲:Splatoon 2の場合(森田 彩)
  • 個別指導塾におけるオンラインコミュニケーションシステム”Tutors View”の提案(安野 龍之介)

Copyright © Color and Communication Design Laboratory All Rights Reserved.